FC2ブログ

ティクレ - 羊毛で描くチベットのMandala -

 チベットが大好きです  チベットのマンダラ、チベットグッズの製作日記です 

 

 

Entries

国立の多摩川べりと畦道で出会った草木



朝晩、冷え込んできましたね。
東北、北海道は灯油など暖房の用意を始める季節でしょうか?


昨日は国立市公民館主催の「身近な雑草のふしぎ」の講座に行ってきました。
サイエンス・ジャーナリストである森 昭彦さんが講師です。


座学の後で、みなさんとすぐそばの多摩川まで行きました。



セイタカアワダチソウです。

IMG_2500.jpg

先っぽがとんがり、ホワホワの黄色の花を咲かせています。
名前を聞いただけでもムズムズするブタクサと勘違いしそうですが、
森先生のお話ではセイタカアワダチソウは花粉は出していなくて、
それどころか、蜜をたくさん出すんだそうです。
たくさん生い茂っていますが、都内では減少しているそうです。

染めると可愛いレモン色を出してくれるようです。
これからが、花の採集の時期ですね (*^_^*)



一見すると枯れているような場所にも
1平方メートルの大きさの中には1,000粒以上もの種が眠っていて
でも、発芽するのは全体の10%なんだそうです。


IMG_2501.jpg

荒れ野とみるかそれとも種のタイムカプセルが眠っているとみるか・・



若い赤みを帯びた新芽のイタドリ

IMG_2503.jpg



センダングサ
もっと大き枝をつけている植物かと思いましたが、
この辺りは定期的に草が刈られているので、刈られた後に芽を出したのかな?

IMG_2504.jpg



ナワシロイチゴ
実はジャムになるそうです

IMG_2505.jpg



先生も確信が持てなかった不思議な実
うりの仲間とのこと

IMG_2507.jpg



こちらはギシギシ
これからどんどん大きくなって穂のような花をつけるのかな?

IMG_2509.jpg



たくさんの雑草
どの雑草も染めると、彩りいろいろ
いつか染めてみたいと思いました。



講座の帰りに、一人で寄り道です。

田んぼの畦を歩いていると、うん??  臭木(クサギ)かな〜。

IMG_2518.jpg



家に帰り、本で調べてみると
ゴンズイという木の赤い果皮と砕けた果皮の中の黒い種のようです。

「このツヤツヤの黒い実は、植物がつく嘘。
じつは鳥をだます偽ベリーなのです。
赤と黒の色の組み合わせはとても目立つ二色効果となって、
鳥の注意を引きつける。
黒い種子はおいしそうなベリーのように見えるが、これは偽態。
つやつやしているのは薄く乾いた種皮で。すぐ下には硬い種子。
鳥が食べても消化されずに体の外に出てしまう。」
『身近な木の実・植物の種 図鑑&採集ガイド』多田 多恵子著 実業之日本社刊 p103



植物は動けない分、不思議な特性をもっているんですね〜、
すごいなあ〜 
人も二色効果で服を着ていますよネっ(私もです・・) (*´~`*) 



臭木(クサギ)の大きな木を発見!!

IMG_2510.jpg



IMG_2513.jpg


懐かしい、ハッピーターンのあの甘ったるい匂い。
また、今年も臭木の宝石に会えました。
講座での森先生のお話では
虫を媒介としている植物はにおいが強い、との事。
クサギもゴンズイと同じで種は紺色の実の中に入っています。

染に使いたいので、クサギの翡翠のような色の実をいただきました。


目の前にドングリが・・。
ドングリを探す時はいつも下ばかり見ていました。

IMG_2515.jpg


ドングリの仲間はたくさんあるようで、
丸っこかったり、帽子がモジャモジャだったり、
こちらは帽子がオシャレな横縞模様です。
網目模様の帽子をかぶったドングリもあるようですよ!?


これからたくさん実をつけていく植物を眺めながら
散歩をしてすっきり・・・。
種のお話も聞けて、
今日はこれから福の種の小マンダラ創りです (^-^)/



ご訪問ありがとうございます。
コメントも楽しみにお待ちしています。


スポンサーサイト

Comment

お帰りなさいませ…tibeyasuさん 

自然への着眼は~奥の深いメカニズムを教えてくれるものですね…種が発芽し~開花の時を生み出す様に、人も時に冬眠し…眠りから覚めて歩き出すものです。

森羅万象の命の源…その根源から生まれて来た私達も草木や雑草と元は同じなのでありましょう…。
私は木々達の導きを受け~大自然の地へと誘われた様にも思っております。

お元気そうでなによりです…。
再び~唯一無二の作品群に出逢える時を楽しみにしております…ゆっくり~取り組まれます様に…。

雨の休日~秋の雨も…いいものです。
種かぁ…種子曼荼羅~と云う選択肢は如何でしょうか?でも~チベットには梵字…出て来ませんもんね~

㊗…ご帰還…(涙)

  • posted by 聖 
  • URL 
  • 2017.10/15 10:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

セイタカアワダチソウ 

こんにちは。
先日 埼玉のカフェで『セイタカアワダチソウ』のハチミツが置いてあり びっくり。これか!と思いました。
tibeyasuさんの記事にある通りで 試食してみたら、ものすごく個性的な深い味の甘いハチミツでした。
すごいねェ 思い込みで嫌われ者と決めつけていた植物の新たな発見で 新鮮な感動をありがとう。


  • posted by 時計草jk 
  • URL 
  • 2017.10/17 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: お帰りなさいませ…tibeyasuさん 


聖さん、ありがとうございます。
聖さん、ちゃらこさんからの速攻のコメント大変感激です (涙)
みなさんも、お元気でなによりです。
そうですね~。
確か聖さんは木々が生い茂る渓流を訪ねていらっしゃいましたよね。
空、木々、草木、川が恋しくなるのは、聖さんがおっしゃるように元が同じだからなんでしょうね。
バランスを保とうと自然の中へと誘われるのですね。
聖さんも良かったですね。

ハイ、確かに種子曼荼羅ありますね!!
何で種子曼荼羅というんでしょうね。
確か、神仏を文字で象徴していますよね。
今、試作中の物は種というよりツボになっています(笑い)
チベットでは八吉祥の中にツボがあるので、ツボも福には変わりないですね!?

再びの唯一無二の作品ですか〜?
小さな物をより沢山と今は考えています。
花咲かばあさんをめざしていますe-348

またこれからもいつまでもよろしくお願いします。
  • posted by tibeyasu 
  • URL 
  • 2017.10/21 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: セイタカアワダチソウ 


遅くなりました(苦笑い)
そうなんですか~。
セイタカアワダチソウのハチミツとはビックリですね〜。
雑草の講習会の先生がおっしゃる通り、ハチミツが採れるくらいに
あの黄色のフワフワそうな花にたくさんの蜜があるんですね。

盛岡のハチミツ屋さんでは栃の実や菩提樹のハチミツもありました。
それぞれ味が違うんです。

そういえば、お庭に蜂が飛んできませんか?
日々草の花に止まって蜜をすっていることがありました。

夜だというのに、ハチミツたっぷりかけたトーストが食べたくなりました。

  • posted by tibeyasu 
  • URL 
  • 2017.10/21 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

.

ハス 15× ハス 15× ハス 15×
画像 536 タテトリミング
'11.4.29 at大本山護国寺

画像 1090
ハス 15× ハス 15× ハス 15×

プロフィール

tibeyasu

Author:tibeyasu
はじめまして
1958年生まれ。
岩手県釜石市出身。東京都在住。
よろしくお願いします。

ハス 15×

展示会"ESSENCE" をニューヨークのTibet House USにて開かせていただきまた。
2018/5/24-7/26
essence-1-798x1024 (1)

お力添えをありがとうございました。
作品は引き続き、バーチャルギャラリーにて販売をさせていただきます。
よろしければ、チベット・ハウス US の HPをごらんになってください。

仏さまが草木の自然のエッセンスに包み込まれ微笑んでくださるように、そして、仏さまの微笑みに気づいた私たちも、自然に笑みがこぼれたら嬉しいなあという願いを大切に、これからも作品を描いていきます。

The most important thing on my working.
As Buddhas's smiles appear wrapped around by the natural essence of plants,I am creating my woks hoping that our smile will appear naturally who are aware of the Buddha's smiles.

 T's かめダ!3兄弟

IMG_2830 のコピー
2018年も、どうぞよろしくお願いします

IMG_2480_20171008205339ec8.jpg
がっちゃんの逆襲
 かめ2

最新記事

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの作品です

Felt Mandala
Naturally dyed felt
草木染の羊毛フェルトで描いています

ハス 15×
 IMG_LOGO のコピー

ハス 15×
Tibetボン教のマンダラ
Bon Religion Mandala
Bon Religion Mandala 枠
直径50.5センチ 20" in diameter

Namdag yum(ナムダク・ユム)
という仏母(女性のブッダ)のマンダラでNamdag yumはchoga chu-nyei
(チョカ・チュンニ)という密教の教えの
一部だそうです。
ボン教のマンダラの図版を元に創りました。
IMG_2067_20180403200009a2d.jpg

Tibetボン教のマンダラ
Bon Religion Mandala
Bon Religion Mandala -2枠
直径25センチ 9.8" in diameter

ハス 15×
 福の種にな〜れ 小マンダラ
Fuku(Japanese fortune) Seed


タシタゲ咲く小マンダラ
Hukunotane TashiTage 1
HUkunotane TashiTage 2
八つの縁起もののしるしタシタゲ。
チベットには八人の女神様がタシタゲに
お姿を変えたマンダラがあります。

花模様の黄蓮華
花模様の黄蓮華四角枠付き
Hukunotane Yellow Lotus 1

ハスの種から花模様の黄蓮華が咲きました。
カモミール、マーガレット、ネムノキの
豆果などで染めました

花模様の緑蓮華
Fuku (Japanese fortune) Seed - Green Lotus 2 枠
Fuku (Japanese fortune) Seed - Green Lotus 1 枠

ハスの種から花模様の緑蓮華が咲きました。
玉ねぎの黃染料に藍をあわせ緑が生まれます

瓶(ブムパ)に咲く小マンダラ
Hukunotane Flask(bum-pa)2
Hukunotane Flask(bum-pa)1

タシタゲの一つで宝石などが入る瓶
(ブムパ)に仏さまがお住いになる三重の
蓮華の小マンダラが咲きました。

花模様の桃色蓮華
IMG_2665 (1)
IMG_2674_20180202213300740.jpg

ハスの種から花模様の桃色蓮華が
咲きました。

ハス 15×
Tibetの曼荼羅
カーラチャクラ
Kalacakra maddala

IMG_2006 紫色枠
直径56センチ 22" in diameter

密教の最終段階の聖典「時輪タントラ」に説かれる天体の運行や須弥山世界説などの宇宙論と、人体の構造などの生理学説が描かれています。合計七百尊以上が描かれているそうです。

画像 2341枠付
田中 公明著『超密教 時輪タントラ』2006年
東方出版掲載


ハス 15×
Tibetの曼荼羅
『秘密集会』阿閦金剛三十二尊曼荼羅
32-deity Guhyasamaja-Aksobhya-mandala

画像 2949 枠付
直径59センチ 22 1/5" in diameter

主尊の阿閦金剛を含め五仏(毘盧遮那如来 宝生如来 阿弥陀如来 不空成就如来)、四仏母、五金剛女、八大菩薩、十忿怒尊、合計三十二尊が描かれています。
三摩耶形の図版を元に創りました。
画像 758 枠付
『タンカ』写真/加藤敬 1995年平河出版社刊

ハス 15×
Tibetの曼荼羅
「ヴァジュラバイラヴァ十三尊曼茶羅」
13-deity Vajrabhairava-Mandala

ヴァジュラヴァイラヴァ十三尊 枠付き
直径59センチ 23 1/5" in diameter

主尊がヴァジュラバイラヴァ
「最も恐るべき忿怒尊」を意味します。
ヤマーンタカ・大威徳明王に相当し水牛に乗っています。チベットでは水牛の頭をもつものは最も恐ろしい化身とされています。合計十三尊がシンボルで描かれています。
三摩耶形の図版を元に創りました。
画像 2182
『タンカ』 P8 図版4 平河出版社 1995年刊

ハス 15×
Tibetの曼荼羅
『秘密集会』阿閦九尊曼荼羅」
9-deity Aksobhya-Mandala

阿しゅく九尊マンダラ 枠
直径43センチ 17" in diameter

主尊が阿閦如来
周囲の八葉蓮華はチベットで吉祥のし
るしとされるタシ・タゲ(八吉祥)の
女神がシンボルで描かれています。

タシ・タゲ(八吉祥)
無限の紐/ペルベウ、法輪/コルロ、
蓮華/ペマ、宝幡/ギェルツェン、
宝傘/ドゥク、瓶/プルパ、
法螺貝/トゥン、黄金の魚/セルニャ

ハス 15×
小マンダラ
IMG_0806_20181112214552287.jpg

チベットには曼荼羅の中心部の楼閣の内
側だけが編纂されたものがあります。
その中に、パドマサンバヴァなどの貴重
な教えが後世に発掘され編集された埋蔵
経法『リンチェン・テルズー』曼荼羅セ
ットがあります。これはニンマ派の重要
な教えを継承していくための大切なもの
とされているそうです。図片を元にアク
セサリー風にアレンジしたものが
小マンダラです。

ハス 15×
『リンチェン・テルズー』曼荼羅セット
画像 1595 余白付き

ハス 15×
『リンチェン・テルズー』曼荼羅セット
画像 2804 余白付き
直径45センチ 17 3/5" in diameter

ハス 20×
カーラチャクラ
『ナムチュワンデン』
画像 1829 切り取り

ナムチュワンデンはチベット語では「十
種の力を持つもの」を意味します。『カ
ーラチャクラ(時輪)・タントラ』の宇
宙論を示したモノグラムだそうです。
チベットでランチャ文字と呼ばれる梵字
で、無色界、色界・俗界、須弥山、地、
水、火、風を表す七つの文字と荘
厳点、空点、ナーダ点の3要素の
全体で十要素で成り立っています。

ハス 20×
「須弥山と12宮の天球図」
画像 1832

ハス 20×
『秘密集会』
阿閦金剛三十二尊マンダラ
画像 1816

ハス 20×
My bag(職場ブース持ち込み用)
画像 1051 フラグイン用

ハス 20×
「四聖諦」のクンサンコルロ
画像 1826

ハス 20×

右サイドメニュー

検索フォーム

マンダラ動画